CD 立川談志 蔵出し名席集 にっかん飛切落語会 94%以上節約 第十四巻 1100円 【CD】立川談志 蔵出し名席集 にっかん飛切落語会 第十四巻 CD・DVD CD その他 CD・DVD , CD , その他,にっかん飛切落語会,1100円,第十四巻,蔵出し名席集,dmphotos.net,【CD】立川談志,/For2045487.html CD 立川談志 蔵出し名席集 にっかん飛切落語会 94%以上節約 第十四巻 1100円 【CD】立川談志 蔵出し名席集 にっかん飛切落語会 第十四巻 CD・DVD CD その他 CD・DVD , CD , その他,にっかん飛切落語会,1100円,第十四巻,蔵出し名席集,dmphotos.net,【CD】立川談志,/For2045487.html

CD 毎週更新 立川談志 蔵出し名席集 にっかん飛切落語会 94%以上節約 第十四巻

【CD】立川談志 蔵出し名席集 にっかん飛切落語会 第十四巻

1100円

【CD】立川談志 蔵出し名席集 にっかん飛切落語会 第十四巻







発売日:2022年1月19日

※複数のご購入はキャンセルさせて頂く場合がございます。
※初回仕様盤・初回プレス盤は在庫がなくなり次第、通常仕様盤でのお届けとさせていただきます。初回仕様盤は予告なく終了となる可能性があります。仕様に関するお問い合わせでの交換・返品は承れませんので予めご了承ください。
※ポスター等の商品に同梱されていない特典は、商品ページに記載がない場合、基本的にお付けいたしません。予めご了承ください。


■立川談志
■立川談志 蔵出し名席集 にっかん飛切落語会 第十四巻
■発売日: 2022/01/19



【CD】立川談志 蔵出し名席集 にっかん飛切落語会 第十四巻

TV・書籍・ネットサーフィンなどで得た、雑学、トリビア、お役立ち情報などを分かりやすく綴るサイトです。無料で使えるオンライン便利ツールやブログパーツも公開&配布しています。

寿司屋の湯飲みは何故大きい? - 寿司職人の合理的な意図が込められていた

寿司屋で出されるお茶。湯飲み茶碗を見ると、マグカップ以上の大きさで、これはもうジャイアントサイズです。寿司屋の湯飲みは、何故こんなに大きいのでしょうか?寿司屋の湯飲みは何故大きい?寿司屋の湯飲みが現在のようなジャイアントサイズになったのには、寿司の歴史との深いかかわりがありました。時は、江戸時代に遡(さかのぼ)ります。それまで、寿司というのは貯蔵(ちょぞう)を目的とした、なれずし、押しずし、蒸しず...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

七味唐辛子の容器は、何故ひょうたん型をしている?

最近ほとんど見かけなくなってしまったものは、いろいろあります。醤油(しょうゆ)やお酒の一升瓶、そして、七味唐辛子(しちみとうがらし)のひょうたん型の容器もそのひとつです。七味唐辛子の容器は、何故あのような変わった形になったのでしょうか?七味唐辛子の容器は何故ひょうたん型をしている?今では、七味唐辛子といえば、瓶(びん)に入ってスーパーなどで売られています。が昔は、主に専門店などで売られていました。...

... 続きを読む

* Category : 語源・由来

Comment-open▼ * Comment : (0)

なんと、落しぶたが落ちず死刑執行を免れた男がいた! - 処刑台から蘇った不死身の男リー

1884年(明治17年)のこと。殺人の罪で、絞首刑(こうしゅけい)の判決を受けた男リーの処刑が、いまや行なわれようとしていました。準備万端(じゅんびばんたん)整い、いよいよ処刑ということになりました。頭にフードをかぶせられたリーが、ゆっくりと処刑台に連れてこられます。監視員も見守る中、死刑執行人の手によって、リーの首に縄が巻かれ、ついに処刑装置のレバーがグイッ!と引かれました!…処刑台から蘇った不死身の...

... 続きを読む

* Category : 珍事件簿

元禄年間に初代貝屋新左衛門が創業以来、現社長が十一代目を襲名する老舗手むきしたものを志ぐれ煮に仕上げた最上級品です 総本家 貝新 手むきあさり(瓶入り)※箱無し【創業元禄年間 三重県桑名市 貝屋新左衛門 水谷新左衛門 しぐれ 志ぐれ煮 あさりしぐれ 佃煮 時雨蛤 あさり アサリ 伊勢 和風】【桑名の名産品】TVでご紹介いただきました! * Comment : シマノ補修パーツ リペアパーツ [短縮コード:03417][部品番号:44] ベール組(15ストラディック 4000XGM用補修パーツ)シマノ補修部品 リペアパーツ

大晦日の晩に除夜の鐘を108回もつくのは何故? 2、3回ではダメ?

毎年、12月31日の夜になると、全国のお寺で一斉に除夜の鐘をつきます。そして、その回数ですが、なんと、108回!2、3回でも良さそうなものなのに、何故こんなにたくさんの回数、鐘をつかないといけないのでしょうか?除夜の鐘は、何故108回もつく?人間には、108つの煩悩(ぼんのう)があるといわれています。煩悩とは、人が生まれつきもっている欲望のことです。除夜の鐘を108回もつくのは、 それらをを ひとつひとつ祓(はら)っ...

... 続きを読む

* Category : 雑学

Comment-open▼ * Comment : (0)

なんと! 商品券を使って2億円を横領した男がいた! - 金券地獄の罠にハマった男

お金に困ると、いろいろな捻出(ねんしゅつ)方法を考えるものです。その男が考えたのは、商品券を使った方法でした。なんと! 商品券で2億円を横領した男がいた!その男は、某FM局の幹部職員でした。商品相場で儲(もう)けた味が忘れられず、その後も続けていましたが、赤字が続いたため、金策(きんさく)を考えました。その方法というのが、都内5つの一流デパートへ行き、「会社用に」と偽(いつわ)って商品券を購入すること...

... 続きを読む

* Category : 珍事件簿

Comment-open▼ * Comment : (0)